FC2ブログ


管理人のざっくり作品ご紹介
ブリタニー・アレンは彼氏のフレディ・ストローマといい感じでつきあっていますが、両親が離婚したせいで実は結婚には意味を持てないでいて、大学を卒業したら彼氏と別れてニューヨークに働きに行こうと考えています。彼氏のフレディ・ストローマと友達らとブリタニー・アレンの母の別荘へ遊びに出かけますが、想定外にフレディ・ストローマからプロポーズされてブリタニー・アレンは断ってしまいます。険悪な雰囲気になったところで別荘の近くに隕石のような飛翔体が落下。現場へ行ってみると落下体はUFOで、友達の友達女子のアンニャ・サヴィッチがさらに飛来したUFOにアブダクトされてしまうというお話。


管理人のざっくり作品評価 ★★★☆☆ ちょっと尺が長い感あり。[X-ファイル](1993~2002)へのオマージュかな。

ブリタニー・アレンのプロフィール/管理人印象はこちらへ
Brittany Allen ブリタニー・アレン カナダ国旗 カナダ ★★★★★★★★☆☆
   



entry_linee.jpg

[エクストラ テレストリアル] Extraterrestrial (2014) アメリカ国旗 アメリカ

原題は「Extraterrestrial」で、ずばり「異星人」。スピルバーグ監督作品の[E.T.](1993)でいっきにETの略語は一般語に。でも略さない場合のフル単語は管理人も知りませんでした。

ブリタニー・アレン28才ごろの作品。(製作年-出生年より推定)


ブリタニー・アレンといえば異色のゾンビ映画[サンズ・オブ・ザ・デッド](2015)での紅一点、ブロンドのブリタニー・アレンのお顔が砂漠を背景にアップで映し出されるシーンがビューティフルだったのですが、本作を観たとき[サンズ・オブ・ザ・デッド](2015)のことはすっかり忘れていて、ブリタニー・アレンのお顔を見て「う~ん、どっかで観た女優さんだなー」とすっかり記憶喪失。

というわけで、本作はブリタニー・アレンを気にして選んだわけでなく、ブルーレイのパッケージの解説を見てちょっと観てみようかなという感じでした。

登場する異星人の容姿は典型的ないわゆるグレイタイプの灰色のっぺり黒い縦長目というやつです。これがけっこう凶暴で、あのマイケル・アイアンサイド(ブリタニー・アレンの叔父さんという設定で、退役軍人。自動小銃を保持している。)をがっつり片手でつかみあげてしまうほど。また、テレパシー能力で保安官さんらを瞬殺します。(保安官を操って部下を射殺させて自身も自射殺させます。)

ブリタニー・アレンは母の別荘へ出発する前に、母と電話しているときや父とスカイプしているときの下着姿が一番ビューティフルでした。あとはブリタニー・アレンの美しさを際立たせるようなカメラワークはなかったような気がします。


以上、ブリタニー・アレンの [エクストラ テレストリアル](2015) でのエレガント・シーンでした。


以下はネタバレです。

彼氏のフレディ・ストローマの友達ジェシー・モスがアブダクトされると、続いて彼氏のフレディ・ストローマも鏡の向こうからお顔をグレイタイプのETにわしづかみされて、UFOにアブダクトされてしまいます。ブリタニー・アレンは夜の雲の中に飛び去ろうとするUFOを追っかけて火炎筒を発火、自らもアブダクトされます。

船内で最初にブリタニー・アレンが気づきますが、ねばねば粘液でどろまみれ状態の通路を歩いているうちに、お顔の半分がグレイ化している人間女子を発見して腰を抜かします。後ろを振り向くと偶然彼氏のフレディ・ストローマがいて、ブリタニー・アレンが粘液状態のまゆから出してあげると息を吹き返します。

そのころ、彼氏の友達ジェシー・モスはアブタクトされたときに左腕を欠損していて、縦向きの拘束台のようなものに拘束された状態で意識を戻しますが、空間上部から謎の手術メカのようなものが降りてきて、ジェシー・モスを貫いて絶命させます。

ブリタニー・アレンとフレディ・ストローマが通路を移動しようとすると、3体のグレイタイプのETが出現して手を彼らにむけたところで画面がホワイトアウトします。

画面は明るい感じの陽だまりの森の中で倒れているブリタニー・アレンとフレディ・ストローマを上空から映し出します。意識を取り戻した二人はなぜかはわからないが解放されたようだということで森の中を歩き出しますが、ブリタニー・アレンが米兵の姿を発見して助けを求めましたところで、突然ブリタニー・アレンは射殺され、フレディ・ストローマも人間側の米兵に射殺されてしまいます。

これにはちょっとさすがにびっくりしました。解放されたようで実は二人の身体になにかが寄生しているとそんなオチを想定していました。


基地のキャンプではグレイタイプのETが捕獲されていて、米軍を仕切っているのが[X-ファイル](1993~2002)の黒幕シガレット・スモーキング・マンことウィリアム・B・デイヴィスみたいな人物が米軍高官と、UFOが墜落した原因や生存者の始末をどうするかを相談するシーンが映し出されます。その人物はウィリアム・B・デイヴィスみたいにたばこを吹かして遠い目をします。

射殺されたブリタニー・アレンとフレディ・ストローマは土を掘った大きな穴にポイ捨てされて焼き払われてしまうのでした。


こんな感じで、本作は[X-FILE]の各エピソードをまたぐストーリーの文脈であった「米国政府は異星人と取引して人間のアブダクトを黙認している」という陰謀説に忠実な映像化だったようです。


ブリタニー・アレンのプロフィール/管理人印象はこちらへ
Brittany Allen ブリタニー・アレン カナダ国旗 カナダ ★★★★★★★★☆☆


entry_linee.jpg

ランキングサイト参加情報です。
記事が気に入りましたらバナーの応援クリックお願いします。

にほんブログ村の映画ブログ 映画評論・レビューに参加しております。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


entry_linee.jpg

ブリタニー・アレンが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報


AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp
関連記事
CinemaElegantScene
Posted byCinemaElegantScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply