FC2ブログ

0 Comments

管理人のざっくり作品ご紹介
ジーナ・ピアルサンティは全世界で謎のウィルスが蔓延して感染した人々が捕食者となってしまう終焉の世界で母の恋人アダム・デヴィッド・トンプソンを義理の父と慕って逃避行を行っていましたが、ゾンビに襲われ重傷を負ったアダム・デヴィッド・トンプソンが道端で歩けなくなったところを孤高のサバイバー女子ルーシー・ウォルターズに助けられます。回復した義理の父アダム・デヴィッド・トンプソンは徐々にルーシー・ウォルターズに惹かれてゆき、ついに二人は愛し合ってしまったことをジーナ・ピアルサンティは雰囲気で察知します。最初は自身を二人から遠ざけようと「家出」しますがゾンビに襲われて計画は頓挫。次にジーナ・ピアルサンティがとった行動は恐ろしい結末をもたらすものでしたというお話。


管理人のざっくり作品評価 ★★★★ けっこう面白い。シリアス系ゾンビ映画

管理人主観のジーナ・ピアルサンティの美しさ評価
Gina Piersanti ジーナ・ピアルサンティ アメリカ国旗 アメリカ ★★★★★★★☆☆☆
   



entry_linec

[アローン・イン・ザ・ゼット] Here Alone (2016) アメリカ国旗 アメリカ

原題は「Here Alone」で、[ここで一人でいる。暮らす。」の意。

物語の雰囲気はエレン・ペイジとエヴァン・レイチェル・ウッド主演の[スイッチ・オフ] (2015)と、アビゲイル・ブレスリン主演の[マギー](2015)を足して2で割った感じ。

ジーナ・ピアルサンティが19才ごろの作品です。(製作年-出生年より推定)

サバイバー女子ルーシー・ウォルターズの生活ぶりを物語の前半では淡々と映し出します。本作ヒロインであるルーシー・ウォルターズの憂鬱な心境を反映してか、画面はちょっと曇り空を背景としてやや薄く曇ったトーンとなっていることが[スイッチ・オフ] (2015)とちょっと違うのと、身内がゾンビ化したらという心の痛みを扱った映画という点では[マギー](2015)のが近いかもしれません。

ルーシー・ウォルターズが助けてあげたアダム・デヴィッド・トンプソンは当初、どんな男なのかわからず、観ている側もちょっと疑心暗鬼でした。([スイッチ・オフ] (2015)でエヴァン・レイチェル・ウッドが乱暴されて妊娠しちゃうということも少し記憶にあったりしたので。)

しかし、本作でのルーシー・ウォルターズはけっこういいやつで、恋人の娘のジーナ・ピアルサンティにも大人の保護者としてびしっと護ってあげている立場でした。

ルーシー・ウォルターズとアダム・デヴィッド・トンプソンは次第に打ち解けてゆき、北を目指すはずだったアダム・デヴィッド・トンプソンとジーナ・ピアルサンティの腰を重いものにしていきました。


ある晩、ゾンビの闊歩する民家からの食料調達から戻ってきたアダム・デヴィッド・トンプソンが、ジーナ・ピアルサンティといつも寝ているテントに戻ってこず、ルーシー・ウォルターズがねぐらとしている車の中で二人は愛しあってしまったことをジーナ・ピアルサンティは雰囲気で察知してしまいます。


ジーナ・ピアルサンティのアダム・デヴィッド・トンプソンへの感情がちょっと微妙で、焼き餅もあったのか最初は二人から自分を遠ざけようと「家出」しますが、ゾンビに襲われてそれは失敗します。


以上、ジーナ・ピアルサンティの[アローン・イン・ザ・ゼット](2016)でのエレガント・シーンでした。



あとがき(ネタばれあり)

物語の終盤、アダム・デヴィッド・トンプソンに説得されてルーシー・ウォルターズは、前を向いてこの地を後にする決心をして、ジーナ・ピアルサンティと3人でゾンビのいる民家へ食料調達に行きますが、このときのジーナ・ピアルサンティの問題行動でルーシー・ウォルターズは窮地に陥ります。

ジーナ・ピアルサンティはルーシー・ウォルターズの両手を縛り付けてゾンビの徘徊する民家に置き去りにしますが、別のゾンビ群に終われ、森林と市街地の道路を越えたのが初めての経験であったため、泥を洗い落とすことをわすれたためにジーナ・ピアルサンティの泥のにおいをゾンビ群に追跡されて、ついにアダム・デヴィッド・トンプソンが待つ隠れ家にゾンビを招きよせてしまうという結果をもたらします。

辛くも脱出したルーシー・ウォルターズは、自分の車の周囲に群がるゾンビらを射殺していきますが、果たしてジーナ・ピアルサンティとアダム・デヴィッド・トンプソンはどうなるのかという緊迫したエンディングに物語りは突入していきます。

全体的に前半はちょっと淡々とした描写がゆるい感じもしましたが、後半からエンディングにかけての緊迫感と悲壮感はかなりの見ごたえでした。


ジーナ・ピアルサンティのプロフィール/管理人印象/他の出演作品情報はこちらへ
Gina Piersanti ジーナ・ピアルサンティ アメリカ国旗 アメリカ ★★★★★★★☆☆☆

entry_linec

ランキングサイト参加情報です。
記事が気に入りましたらバナーの応援クリックお願いします。

にほんブログ村の映画ブログ 映画評論・レビューに参加しております。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングの映画ブログ 映画評論・レビューに参加しております。

映画レビューランキング

FC2ブログランキングの映画ブログ 洋画に参加しております。


entry_linee.jpg

ジーナ・ピアルサンティが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報


AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp


関連記事
CinemaElegantScene
Posted byCinemaElegantScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply