FC2ブログ

0 Comments

ナタリー・ドーマーは双子の妹(ナタリー・ドーマーの二役)が英語教師として勤務していた日本の女子高の近所にある森林で消息を絶ったとの連絡を受け、現地へ向かいます。しかし、そこは富士山麓に広がる青木ヶ原という自殺の名所として現地(日本)で有名な魔の樹海だったというお話。周囲の反対を他所に双子の肉体関係からお互いの生死が直感的にわかるナタリー・ドーマーは妹の生存を確信して魔の樹海へと足を踏み入れていくのでした。(向こうからナンパしてきたオーストラリア人男子と彼が雇った森林警備の日本男子を引き連れる)

管理人のざっくり作品評価 ★★★★


   
管理人主観のナタリー・ドーマーの美しさ評価
Natalie Dormer ナタリー・ドーマー イギリス国旗 イギリス ★★★★★★★★☆☆

entry_linee.jpg

[JUKAI-樹海-] The Forest (2016) アメリカ国旗

原題は「The Forest」で、そのまま訳すと「森林」でしょうか。邦題はホラー邦画の[呪戒 JUKAI] (2005) にあやかっている?

ナタリー・ドーマー34才ごろの作品。(製作年-出生年より推定)

管理人的には渡辺謙が出てくるものと思っていたのですが、勘違いでした。基本的にこちらの[JUKAI-樹海-](2016)と[追憶の森](2016)は別の映画だったのですね。後者はナオミ・ワッツも出演されているそうなので、後で拝見してみます。

ナタリー・ドーマーのお顔立ちがかなり管理人好みで、プロポーションもとてもセクシーですばらしいため、青木ヶ原のうっそうとした緑の森林景観と金髪のナタリー・ドーマーがとても映像映えしていて、それだけで見る価値のある作品でした。

最近、偶然拝見していた[ブレア・ウィッチ](2016)と比べても圧倒的に映像的に美しく、眼の保養になる感じです。

樹海の悪霊に幻覚を見せられ、相棒のオーストラリア人記者テイラー・キニーに疑心暗鬼を募らせていく過程の中で、ナタリー・ドーマーのお顔立ちが変わっていく様子もなかなかコワい感じに仕上がっています。

樹海の悪霊らが妹のナタリー・ドーマーを見逃して、姉のナタリー・ドーマーをなぜ餌食にしたのかはちょっと謎でした。これは管理人の推察ですが、両親の事件を直接目撃していた妹には悲劇への耐性が実は出来ていて、事件を直接見ていなかった姉の方のが脆かったということなのかもしれません。

妹のナタリー・ドーマーが救出された後、樹海の奥を境界入り口の外から覗き込んだ小澤征悦の眼に、悪霊と化したナタリー・ドーマーが襲い掛かってくるようなシーケンスで物語は終わりますが、この続編をできればナタリー・ドーマー再主演で製作してほしいです。


以上、ナタリー・ドーマーの [JUKAI-樹海-](2016)でのエレガント・シーンでした。


ナタリー・ドーマーのプロフィール/管理人印象はこちらへ
Natalie Dormer ナタリー・ドーマー イギリス国旗 イギリス ★★★★★★★★☆☆



entry_linee.jpg

ランキングサイト参加情報です。
記事が気に入りましたらバナーの応援クリックお願いします。

にほんブログ村の映画ブログ 映画評論・レビューに参加しております。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


entry_linee.jpg

ナタリー・ドーマーが出演している作品のDVD・Blu-Ray・ビデオ情報




AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp

関連記事
CinemaElegantScene
Posted byCinemaElegantScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply