FC2ブログ


アデレイド・クレメンスは前作[サイレントヒル] (2006) で養母ラダ・ミッチェルといっしょに異次元世界の「サイレントヒル」に迷い込んだ少女が成長した女子高生。10年前のそのときの記憶はなく、養父のショーン・ビーンといっしょに世間の目を偲びながら転々と住まいを移し暮らしていましたが、「サイレントヒル」を拠点とする謎の教団の追手がついに新居にも及んで父が拉致されてしまうというお話。


管理人のざっくり作品評価 ★★★☆☆

   
管理人主観のアデレイド・クレメンスのの美しさ評価
Adelaide Clemens アデレイド・クレメンス オーストラリア国旗 オーストラリア ★★★★★★★☆☆☆

entry_linee.jpg

[サイレントヒル:リベレーション] Silent Hill : Reveleation (2012) フランス国旗 フランス アメリカ国旗 アメリカ カナダ国旗 カナダ


原題は「Silent Hill: Revelation」で、直訳すると「静かな丘:啓示」の意でしょうか。ヒロインが迷い込む物語中架空の街の名前が「サイレントヒル」。

アデレイド・クレメンスの23才ごろの作品。(製作年-出生年より推定)


最近[サイレントヒル](2006)をラダ・ミッチェルの若いころ見たさに再度拝見したとき、そのラストの終わり方に少し消化不良が発生して、続編の本作も観たくなりました。もちろん本作のDVDが店頭にならんだころの過去に一度拝見しているのですが、前作と同様けっこう内容を忘れておりましたので、そもそも続編のヒロインは誰っということで再確認いたしました。

本作のヒロインのアデレイド・クレメンスは前作のヒロインのラダ・ミッチェルの養女という役柄で、前作で8歳だった幼女が18歳の高校生となっているという設定ですが、本作出演時のアデレイド・クレメンスの年齢は23才くらいのようですので、けっこうさばを読んでいる形となりますね。


前作のラストの消化不良とは、ラダ・ミッチェルが養女ジョデル・フェルランドを奪還して、サイレントヒルから脱出したかに見えたのに、だんなのショーン・ビーンが待っている自宅に帰っても、実はそこはサイレントヒルと同じ次元の異次元世界のご自宅であって、ダークアレッサに憑依されたジョデル・フェルランドといっしょにサイレントヒルワールドにラダ・ミッチェルは取り残されてしまっていて、だんなのショーン・ビーンと再会することもなく物語りが終わったことです。

この状況から続編の本作では、どうやって普通人となったヒロインがお父さんのショーン・ビーンといっしょに18歳のお誕生日を迎えれるようになったのかがわからなかったのですが、本作の冒頭で鏡の中のラダ・ミッチェルが鏡の外のショーン・ビーンに語りかけるという形で解決されていました。

若干とってつけたようなこじつけ感が否めませんが、前作製作時点では続編の製作は考慮されていなかったようでしょうか。


とりあえず、お母さんラダ・ミッチェルの前作の後の活躍で、娘ジョデル・フェルランドは現実世界に戻すことができて、ぴちぴちの女子高生アデレイド・クレメンスとなっていたというところから本作はスタートします。


前作と同様本作のヒロインのアデレイド・クレメンスも、特別な能力があるという設定ではないので、サイレントヒルの中では基本的に逃げ回るという形となります。

アデレイド・クレメンスがビルの中に逃げ込んだ際に、レイチェル・セランという女優さんが全裸で白いベッドのような台の上に横たわっていて、全身がマネキンに変身させらてしまうシーンが印象的でした。

そのときにヘザー・マークスという女優さんがクモみたいなマネキンクリーチャに捕らわれているのを助けて、いっしょに逃げたりしますが、ヘザー・マークスはすぐにマネキンクリーチャに再び捕まってしまいます。

キーアイテムのかたっぽを敵方の教団司祭キャリー=アン・モスの父マルコム・マクダウェルから奪取して、父ショーン・ビーンが捕まっている現場へと乗りこんで、実はアデレイド・クレメンスの子分だった多角錐の兜を被ったクリーチャの助けでショーン・ビーンの救出に成功します。

全体的に長身で金髪のアデレイド・クレメンスの姿は悪くはないのですが、これといって決定的に印象的なシーンがないような感じともなっています。アデレイド・クレメンスの服装とかもう少し工夫してもよかったのではと思うと残念です。


以上、アデレイド・クレメンスの[サイレントヒル:リベレーション](2012)でのエレガント・シーンでした。


原作のゲームにない話なら実現しないかもしれませんが、ぜひサイレントヒルに残ったショーン・ビーンが、奥さんラダ・ミッチェルを救出する物語を続編で作ってほしいです。


ラダ・ミッチェルのプロフィール/管理人印象/他作品情報はこちらへ
Adelaide Clemens アデレイド・クレメンス オーストラリア国旗 オーストラリア ★★★★★★★☆☆☆


entry_linee.jpg

メディアを購入して
パッケージもコレクトする    
Amazonビデオで
オンデマンド視聴する




entry_linee.jpg

ランキングサイト参加情報です。
記事が気に入りましたらバナーの応援クリックお願いします。

にほんブログ村の映画ブログ 映画評論・レビューに参加しております。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


entry_linee.jpg

アデレイド・クレメンスが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報




AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp



関連記事
CinemaElegantScene
Posted byCinemaElegantScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply