FC2ブログ


エミリー・ブラントはだんなを浮気相手のレベッカ・ファーガソンに奪われてしまい、強度のアルコール依存症に苛まれながら、居候させてもらっている親友にはニューヨークへ毎日仕事しに行っているとうそをつきつつ、別れただんなとレベッカ・ファーガソンの住む元自宅をニューヨーク行き電車の車掌から複雑な感情を持って見守る毎日を送っているというお話。その元自宅の数件先に住む美しい人妻ヘイリー・ベネットとそのだんなとのロマンチックな生活ぶりにも羨望の念を送っていましたが、ヘイリー・ベネットの浮気の現場も車窓から目撃してしまい、エミリー・ブラントの心はざわめき浮き足たっていくという展開です。


管理人のざっくり作品評価 ★★★★★

   
管理人主観のエミリー・ブラントの美しさ評価
Emily Blunt エミリー・ブラント イギリス国旗 イギリス ★★★★★★★☆☆☆

entry_linee.jpg

[ガール・オン・ザ・トレイン] The Girl On The Train (2016) アメリカ国旗 アメリカ


原題は「The Girl On The Train」で、ざっくり意訳すると「列車に乗る女性」という感じか。邦題は英語をほぼそのままカタカナ化。トレインについてガールに前置詞がつかないのは日本語的運用か?(原作本出版時の邦題を踏襲)

エミリー・ブラント33才ごろの作品。(製作年-出生年より推定)


エミリー・ブラントの憂いをおびた美しいお顔の表情をアップで映すことを多用した、エミリー・ブラントの女性の部分の美しさをしっかり引き出した、とっても切ないお話でした。物語の冒頭の車窓の外からのエミリー・ブラントのお顔のアップと独白でいっきに物語に引き寄せられました。


実はレベッカ・ファーガソンも出演している作品と事前に検知しただけで、あらすじ予告編まったく予備知識無しで観ておりましたので本作がサスペンス物という自覚はなく、通常ドラマのつもりで見ていたのですが、物語の中盤からサスペンスフルになっていきます。

管理人的にはエミリー・ブラントのセミヌードでの入浴シーンがとっても印象的でした。バス浴のサイドからカメラは入浴中のエミリー・ブラントを映し出しますが、そのときのエミリー・ブラントの横顔が少女のようにとっても幼い表情でほっとする様子がとてもビューティフルでした。


以上、エミリー・ブラントの[ガール・オン・ザ・トレイン](2016) でのエレガント・シーンでした。




エミリー・ブラントのプロフィール/管理人印象/他作品情報はこちらへ
Emily Blunt エミリー・ブラント イギリス国旗 イギリス ★★★★★★★☆☆☆


entry_linec

メディアを購入して
パッケージもコレクトする    
Amazonビデオで
オンデマンド視聴する    
原作小説を購入して
原作世界を堪能する





entry_linee.jpg

ランキングサイト参加情報です。
記事が気に入りましたらバナーの応援クリックお願いします。

にほんブログ村の映画ブログ 映画評論・レビューに参加しております。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


entry_linee.jpg

エイミー・アダムスが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報











AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp





外部リンク cinemanudescene.jpg [海外映画の美しい女優ヌードシーン]
[ウルフマン] The Wolfman (2010) アメリカ国旗 アメリカ


関連記事
CinemaElegantScene
Posted byCinemaElegantScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply