FC2ブログ


ニーナ・ホスは社会主義時代の東ドイツ東ベルリンの女医さんでしたが、知り合った経緯は不明ですが西ドイツに恋人のマルク・ヴァシュケがいて、西側への移住を申請したところ却下され、片田舎の病院に左遷されて秘密警察にも監視されるという羽目に陥ります。ニーナ・ホスは恋人のマルク・ヴァシュケと密会して西への亡命を計画していましたが、左遷先の病院で真摯に患者と向き合う医師ロナルト・ツェアフェルトにも惹かれはじめ、社会主義社会下でもゆれる女心はいっしょみたいなお話。

★★★★


   
Nina Hoss ニーナ・ホス ドイツ国旗 ドイツ


entry_linee.jpg

[東ベルリンから来た女] Barbara (2012) ドイツ国旗 ドイツ

東ドイツのニーナ・ホスと西ドイツの恋人マルク・ヴァシュケとがどのように知り合ったのかは物語上不明ですが、マルク・ヴァシュケはニーナ・ホスの左遷先の田舎の近くまではやってきて、森の中でちょっとエッチな感じをしたり、外国人向けのホテルでニーナ・ホスとあったりして、西への脱出資金としてお金を少し援助したりしています。

外国人向けのホテルでニーナ・ホスが恋人マルク・ヴァシュケのお部屋のベッドで彼の戻りを待っていると、バスルームかどこからか下着姿の半裸の東ドイツ女性があらわれて、マルク・ヴァシュケはいい人とかのろけます。この話を平然と聞いているニーナ・ホスがすごいかなと思ったり。(この男を信じていいのか?とか思わないのかとか)

客観的に観て、西側の都会人っぽいマルク・ヴァシュケより、田舎の医師のロナルト・ツェアフェルトのが、見た感じもいい男で内容もよさそうなのですが、左遷されたてのときは周囲と壁をつくりまくりのニーナ・ホスは、ロナルト・ツェアフェルトを拒絶していましたが、いろいろ仕事で頼りになるロナルト・ツェアフェルトに次第に心を許していきます。

矯正収容所みたいな施設から抜け出してきて病院に担ぎ込まれた少女ヤスナ・フリッツィ・バウアーの存在が3人の関係を大きく変化させていきます。最後の最後でのニーナ・ホスの決断に泣かされます。


Nina Hoss ニーナ・ホス ドイツ国旗 ドイツ ★★★★★★☆☆☆☆


東ベルリンから来た女 (字幕版)


entry_linee.jpg

ニーナ・ホスが出演している作品のDVD・Blu-Ray情報





AmazonLogo Filmography [PR] Amazon.co.jp



映画『東ベルリンから来た女』予告編 - YouTube



関連記事
CinemaElegantScene
Posted byCinemaElegantScene

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply